トマトの高品質安定生産技術の開発、2)ハウス内環境を複合的に制御できる「福岡型園芸増収技術」の開発

トマトの高品質安定生産技術の開発、2)ハウス内環境を複合的に制御できる「福岡型園芸増収技術」の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~28
年度2014
概要目的:トマト促成栽培で、燃油コスト削減と収益向上を目的として、夜間の暖房温度を下げ、日中に加温する「日中加温技術」と換気による熱エネルギー損失を少なくする「熱交換換気」を組み合わせた環境制御技術を開発する。、成果:炭酸ガス濃度を指標として熱交換換気を行い、日中加温を組み合わせることで、厳寒期のハウス内の炭酸ガス濃度を外気並みに維持しながら、気温も2℃程度高めることができた。
研究分担野菜部
予算区分県単
業績(1)熱交換換気が冬季のハウス内気象環境に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223804
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat