飼料作物の安定多収な周年生産・利用技術の開発、1)温暖多雨な圃場条件に適した飼料用稲-飼料用麦二毛作体系

飼料作物の安定多収な周年生産・利用技術の開発、1)温暖多雨な圃場条件に適した飼料用稲-飼料用麦二毛作体系

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22~26
年度2014
概要目的:九州沖縄農研が開発する品種、系統を中心に、暖地水田二毛作体系に適した品種を選定し、その飼料特性把握ならびに多収を維持しつつ適期作業を可能とする作期・作型を検討・実証する。、成果:大麦「はるか二条」は耐倒伏性に、稲「たちすずか」「たちあやか」は消化性に優れており、有望な品種と考えられた。乾田直播栽培を組み込んだ二毛作体系において、おおむね2.0t/10aの乾物収量が得られたが、可給態窒素の消耗が認められた。堆肥の活用により肥料費の節減が期待される。ただし、堆肥の過多によるリン酸・カリの過剰蓄積に留意が必要と考えられた。、
研究分担生産環境部、畜産部
予算区分受託、(農林水産省)
業績(1)熟期の異なるホールクロップサイレージ用イネ品種の組み合せが収穫調製作業を行うコントラクターの経済性に与える効果
(2)大麦新品種「はるか二条」のホールクロップサイレージ利用を目的とした栽培特性
(3)乾田直播を組み込んだWCS用イネ・オオムギ二毛作における堆肥施用の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223817
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat