家畜の外部寄生虫防除技術の確立             2) 天然資材を用いたワクモの総合的防除体系、

家畜の外部寄生虫防除技術の確立             2) 天然資材を用いたワクモの総合的防除体系、

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2014
概要目的:ワクモは養鶏の生産現場に多大な経済損失を与えているため、鶏舎内のワクモをモニタリングし、海苔由来の天然資材のワクモへの殺虫効果を利用して、従来の薬剤の代替となる資材を開発する。、成果:他の環境衛生資材より高い殺虫効果を示し、殺虫効果が安定し増強した高分子資材(改良資材)を開発した。殺虫機序はワクモの気門被覆による呼吸不全と考えられ、海苔抽出物を配合すると殺虫効果は増強された。、
研究分担畜産部
予算区分受託(民間)
業績(1)採卵養鶏場におけるワクモ防除体系の確立、~高感度モニタリング用ワクモトラップの開発~
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat