飼料費削減を可能にする肥育前期の給与技術の開発

飼料費削減を可能にする肥育前期の給与技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~29
年度2014
概要目的:増体を早期に向上させ肥育期間を短縮するため,大豆粕給与法及び濃厚飼料を月2kg増給法を確立する。、成果:肥育前期の1日当たり増体量は両区に差はなかったものの,大豆粕を給与している間(肥育3ヶ月)は大豆粕区が0.93㎏/日で増給区(0.87㎏/日)に比べ良好であった。
研究分担研究部、畜産・果樹研究担当
予算区分県単
業績(1)血統および出荷月齢とモモ肉の脂肪交雑との関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223916
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat