畑作タマネギ連作ほ場における簡易土壌消毒技術の開発

畑作タマネギ連作ほ場における簡易土壌消毒技術の開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~29
年度2014
概要目的:乾腐病,べと病に対する易分解性有機物(米ぬか)と灌水処理を組み合わせた土壌還元消毒法を確立する。、成果:①べと病の発生が認められた1ほ場では本処理によって発生が低減した。、②定植前の土壌中のFusarium oxysporum f. sp. cepaeの菌密度が3,000cfu/gを超える場合には,本菌による苗立枯が発生することから,乾腐病の発生リスクが高い畑ではないかと推察される。
研究分担研究部、畜産・果樹研究担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223919
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat