化石燃料使用「ゼロ」を目指した施設栽培における自然エネルギー活用技術の確立【戦略課題】

化石燃料使用「ゼロ」を目指した施設栽培における自然エネルギー活用技術の確立【戦略課題】

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~26
年度2014
概要目的:ハウスミカン栽培において、重油に依存しない加温体系の確立を目指して、空気熱源ヒートポンプと地中熱交換施設による加温体系を検討する。、成果:ヒートポンプ(HP)加温栽培における地中熱交換施設の省エネ効果は、日射条件4hr未満では昼間の蓄熱量が少なくなり、地中熱交換施設の夜間放熱時における温風温度が低くなるため、日射8hrと比較してHP消費電力の削減効果が低くなることが明らかとなった。
研究分担常緑果樹
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030223979
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat