熱線吸収フィルム被覆によるイチゴの安定生産技術の確立

熱線吸収フィルム被覆によるイチゴの安定生産技術の確立

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H26
年度2014
概要イチゴの育苗期に熱線吸収フィルムを被覆することで花芽分化を促進し、高単価で取引される年内収量を増収させる。また、本圃に定植前から熱線吸収フィルムを被覆し、適期定植、第2花房の花芽分化安定、炭酸ガス施用効果の拡大、春先の傷み果の発生防止等、高品質で増収する技術開発を行う。
研究分担野菜
予算区分委託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224073
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat