食用藻類増養殖技術開発試験

食用藻類増養殖技術開発試験

県名熊本県
研究機関名熊本県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25~27
年度2014
概要【目的】、ヒトエグサ・ヒジキ・トサカノリなど漁業者が天然から採取したり、養殖対象種としている藻類の増養殖技術を開発することにより、藻類生産の安定化と向上を図り、漁業収入の底上げを目指す。、【成果】、ヒトエグサについては、接合子を培養後、人工採苗を行い、6地区で養殖試験を行った。、ヒジキについては、基板による増殖手法の開発を行い、14地区で取組みが行われた。、トサカノリについては、採苗技術の確立を図るための研究を進め、その一部については養殖試験を行った。
研究分担食品科学研究部
予算区分県単
業績(1)熊本県で行われているクロメの養殖と利用
(2)ヒジキ増殖手法の確立と普及に向けた取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224331
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat