DNAマーカーを用いた県育成品種識別法と効率的選抜育種技術の開発

DNAマーカーを用いた県育成品種識別法と効率的選抜育種技術の開発

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~28
年度2014
概要目的:トルコギキョウのDNAによる品種識別を行えるよう、品種内多型の程度を調査し、品種識別マーカーを選抜する。また、Fusarium属菌が原因の立枯病による被害が大きな問題となっていることから、抵抗性品種の育種を効率よく行えるよう立枯病抵抗性識別マーカーを開発する。、期待される成果:トルコギキョウのDNA品種識別が可能になる。また、トルコギキョウの立枯抵抗性を有する個体を効率的に選抜可能となる。
研究分担イチゴチーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat