中山間地域を中心とした畦畔管理の省力・低コスト技術の開発

中山間地域を中心とした畦畔管理の省力・低コスト技術の開発

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継24~26
年度2014
概要目的:畦畔管理の省力・低コスト化技術を明らかにし、現地指導を踏まえた植生管理技術にかかる経費等について検討を行い、畦畔管理技術の普及を図る。、成果:汚物混入用水中ポンプを活用して、畦畔へのセンチピードグラスの安価な直播技術を開発した。また、歩行型管理機(狭幅作業道造成機)を利用することにより、傾斜地に作業道を造成すること方法を開発した。
研究分担作物栽培チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224356
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat