青果用かんしょの競争力強化に向けた栽培技術の確立、2)宮崎紅早堀に おける高品質・安定生産技術の確立

青果用かんしょの競争力強化に向けた栽培技術の確立、2)宮崎紅早堀に おける高品質・安定生産技術の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~30
年度2014
概要2)宮崎紅栽培におけるマルチの違いが収量・品質に及ぼす影響を調査した。結果、黒・透明マルチと比較し青マルチの利用することで増収及び丸いもが低減した。、  また、慣行の斜め植えに対し、新水平植え(畝の側面より水平に挿苗)により上いも1個重が小さくなるが丸 いもが低減した。
研究分担畑作園芸支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224604
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat