茶新品種における未収益期間短縮・加工技術の開発

茶新品種における未収益期間短縮・加工技術の開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H26~29
年度2014
概要 5品種を定植し、茶樹の株張りや樹高等について調査を行った結果、品種間差が認められた。、 また、品種毎の摘採時期及び蒸し度の組み合わせによる製茶加工適性を検討し、品種毎の傾向を明らかにした。
研究分担茶業支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030224614
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat