生産環境の変化に対応した生産性の高いサトウキビ品種の育成、 2)サトウキビ系統適応性検定試験、 (1)サトウキビ系統適応性検定試験(九沖縄農研・沖縄農研育成系統 春植え)、 (2)サトウキビ系統適応性検定試験(九沖縄農研・沖縄農研育成系統 株出し)、

生産環境の変化に対応した生産性の高いサトウキビ品種の育成、 2)サトウキビ系統適応性検定試験、 (1)サトウキビ系統適応性検定試験(九沖縄農研・沖縄農研育成系統 春植え)、 (2)サトウキビ系統適応性検定試験(九沖縄農研・沖縄農研育成系統 株出し)、

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H26~H30
年度2014
概要1. 生産現場での技術問題、宮古島は保水性の弱い島尻マージ土壌なので干ばつ害が生じ易く、台風による潮風害や害虫被害の多発地域でもある。このような栽培環境下でも、各障害に対する抵抗性を有し、早期高糖で多収な系統を選抜・育成する必要がある。、2. 開発技術名及び期待される成果、宮古島の地域に適した早期高糖多収で障害抵抗性を有する系統が選抜される。                                                
研究分担宮古島支所
予算区分受託(農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat