5.サトウキビ気象感応試験、(1)春植え、(2)夏植え、(3)株出し

5.サトウキビ気象感応試験、(1)春植え、(2)夏植え、(3)株出し

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間S47~
年度2014
概要1.生産現場での技術問題および研究目的、サトウキビの生産量と品質には年次変動が見られ、分げつ期、生育旺盛期および登熟期における降水量、日照時間、台風の発生等、気象条件の影響が大きい。そこで沖縄本島、八重山地区と同時期に植付し、生育調査を行い、豊凶予察および栽培改善の資料を得る必要がある。また、気象災害時には早急に被害程度を把握する必要がある。、2.開発技術名および期待される効果、平年および前年との比較により豊凶予察および栽培改善の資料が得られる。、
研究分担宮古島支所
予算区分その他(糖業農産課:種苗対策事業)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225037
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat