革新的技術緊急展開事業「サトウキビの安定多収・栽培技術の実証と高バイオマス量サトウキビ生産量評価」、001農001

革新的技術緊急展開事業「サトウキビの安定多収・栽培技術の実証と高バイオマス量サトウキビ生産量評価」、001農001

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H26~27
年度2014
概要1.生産現場での技術問題、沖縄県農業研究センター本所のジャーガル、宮古島支所の島尻マージ、石垣支所の国頭マージと土壌の異なる各試験地で灌水制御機能付の土壌水分計測システムを試作し、サトウキビの潅水試験を実施した、2.開発技術名および期待される効果、土壌水分系や自動潅水装置を利用し、潅水の必要な時期・量の把握(データ収集)を行い、自動潅水を実施することにより、増収効果を上げることができる。、
研究分担宮古島支所
予算区分受託(革新的技術緊急展開事業)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat