次世代沖縄ブランド作物特産化推進事業、(1)沖縄ブランド農産物のブランド力強化(C:果樹部門)、②特産果樹の生産予測技術の開発

次世代沖縄ブランド作物特産化推進事業、(1)沖縄ブランド農産物のブランド力強化(C:果樹部門)、②特産果樹の生産予測技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H24~29
年度2014
概要1.生産現場での技術的問題、 沖縄県では温暖な亜熱帯気候を活かしてマンゴーをはじめとする熱帯果樹類の生産が行われてきた。しかしながら、本県は熱帯果樹の無加温栽培の北限に近いことから、冬春期の気象変動などの要因や隔年結果製により生産が不安定となり、定時・定量・低品質を求める市場から十分な信頼が得られていない。、2.開発技術名及び期待される成果、 (1)気象要因と果樹類の諸特性の関係を解明することにより、生産予測技術が開発される。、 (2)生産予測技術の開発によって栽培管理の指標が明らかとなり、高品質果実の安定生産および定量出荷が促進され、ブランド強化につながる。 
予算区分国庫補助(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat