高効率バイオ燃料生産に向けたセルロソーム再構築微生物の基盤研究

高効率バイオ燃料生産に向けたセルロソーム再構築微生物の基盤研究

課題番号2014026441
研究機関名(国)三重大学(大学院生物資源学研究科),(国)三重大学(大学院生物資源学研究科)
研究期間2011-2015
年度2014
中課題高効率バイオ燃料生産に向けたセルロソーム再構築微生物の基盤研究
摘要 C. cellulovoransのバイオマス分解機構がおおよそ解明できた。セルロソーム再構築ブタノール生産菌を作製できた。ノンセルロソーマル酵素の発現もでき、現在これらを組み合わせた遺伝子導入の検討を行っている。
 定量的プロテオーム解析により特異的に発現するタンパク質を見つけた。セルロソーマル酵素について細胞表層でセルロソームの再構築が確認できた。
予算区分農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
業績(1)Exoproteome analysis of Clostridium cellulovorans in natural soft-biomass degradation
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat