ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子の単離

ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子の単離

課題番号2014026658
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(独)農研機構
研究期間2013-2017
年度2014
中課題ハクサイ根こぶ病抵抗性遺伝子の単離
摘要 CRb遺伝子については、推定座乗領域をカバーするフォスミドクローン3つのうち2つについてほぼ全長の塩基配列を決定した。抵抗性ゲノムには、病害抵抗性遺伝子に特有のNB-LRR構造をもつ複数の遺伝子がタンデムに存在していた。そのう1つは既報のCRa遺伝子と同一の配列を有しており、相補性実験の結果、抵抗性の機能を持つことが明らかになった。Crr1b遺伝子については、DNAマーカー、No.82とBSA1間の113kbに新たにNAマーカーを配置し、マーカー間で組換えを起こしたF2をスクリーニングして11個体得ることができた。CRk遺伝子については、昨年度選抜した組換えF2に由来するF3個体の根こぶ病抵抗性検定を行った結果、約1Mbの推定座乗領域内に2つの抵抗性遺伝子が存在する可能性が示唆された。
予算区分委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat