いもち病圃場抵抗性遺伝子の同定とDNAマーカー開発

いもち病圃場抵抗性遺伝子の同定とDNAマーカー開発

課題番号2014026681
研究機関名(国)東京大学,独立行政法人農業生物資源研究所,愛知県(愛知県農業総合試験場)
研究期間2013-2017
年度2014
中課題いもち病圃場抵抗性遺伝子の同定とDNAマーカー開発
摘要いもち病圃場抵抗性遺伝子十数個の存在する領域を明らかにし、他の関連遺伝子の発現解析をした。
予算区分委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム]
業績(1)Mapping of a QTL for field resistance to blast (Pyricularia oryzae Cavara) in Ingngoppor-tinawon, a rice (Oryza sativa L.) landrace from the Philippines
(2)Multiple functional polymorphisms in a single disease resistance gene in rice enhance durable resistance to blast
(3)Rice blast resistance gene Pikahei-1(t), a member of a resistance gene cluster on chromosome 4, encodes a nucleotidebinding site and leucine-rich repeat protein
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225523
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat