イネの強稈性に関与する有用遺伝子の単離とその集積

イネの強稈性に関与する有用遺伝子の単離とその集積

課題番号2014026688
研究機関名(独)農業生物資源研究所,富山県農林水産総合技術センター,国立大学法人名古屋大学,国立大学法人東京農工大学
研究期間2013-2017
年度2014
中課題イネの強稈性に関与する有用遺伝子の単離とその集積
摘要太稈に関するQTLの集積効果を確認した。皮層繊維組織の厚さに関するQTLを見出した。
予算区分委託プロ・バリューチェーン[次世代ゲノム]
業績(1)A novel AP2-type transcription factor, SMALL ORGAN SIZE1, controls organ size downstream of an auxin signaling pathway
(2)Isolation of a novel lodging resistance QTL gene involved in strigolactone signaling and its pyramiding with a QTL gene involved in another mechanism
(3)Utilization of stiff culm trait of rice smos1 mutant for increased lodging resistance
(4)Increased lodging resistance in long-culm, low-lignin gh2 rice for improved feed and bioenergy production
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225530
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat