タンパク質変異米等を用いた低コスト大量製パン法の開発

タンパク質変異米等を用いた低コスト大量製パン法の開発

課題番号2014026829
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,  敷島製パン株式会社
研究期間2013-2017
年度2014
中課題タンパク質変異米等を用いた低コスト大量製パン法の開発
摘要4品種の米粉を用いて米粉物理化学特性評価および製パン試験を行ったが、「ゆめふわり」と同等の特徴を持つ品種は見出せなかった。また、ピンミル粉砕米粉であってもタンパク質変異米の生地を形成しやすいという特徴は失われず、製品での米粉パンとしての特徴は表れやすいことが示され、低コストなロール粉砕であっても高付加価値のあるパンを製造できる可能性が示唆された。
予算区分委託プロ・バリューチェーン[業務・加工用]
業績(1)新品種の小麦「ゆめちから」および米「ゆめふわり」を用いたパン製品の開発
(2)米粉入り食パンの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225664
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat