野菜・花きの生産安定技術の開発

野菜・花きの生産安定技術の開発

課題番号2014027007
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農業・食品産業技術総合研究機構,神奈川県農業技術センター,茨城県農業総合センター,岡山県農林水産総合センター
研究期間2010-2014
年度2014
中課題野菜・花きの生産安定技術の開発
摘要温暖化がトマト着果不良に及ぼす影響評価と着果安定と障害発生抑制技術の開発 等
予算区分委託プロ・生産現場[生産環境]
業績(1)Decreasing or Non-decreasing Allocation of Dry Matter to Fruits in Japanese Tomato Cultivars in spite of the Increase in Total Dry Matter of Plants by CO2 Elevation and Fogging.
(2)Delay of flowering by high-temperature in chrysanthemum: heat-sensitive time-of-day and heat effects on CsFTL3 and CsAFT gene expression J. Hort.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030225830
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat