遺伝情報を用いた放流貝再生産構造の特定と適切な放流手法の開発

遺伝情報を用いた放流貝再生産構造の特定と適切な放流手法の開発

課題番号2014027217
研究機関名(独)水産総合研究センター,(独)水産総合研究センター,北海道立総合研究機構
研究期間2013-2017
年度2014
中課題遺伝情報を用いた放流貝再生産構造の特定と適切な放流手法の開発
摘要遺伝子マーカーにより人工種苗の再生産効果を定量的に評価し、この結果に基づいて、親貝集団造成を目的とした適切な放流手法の開発を行った。
予算区分委託プロ・生産現場[養殖・漁業生産技術]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226025
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat