藻場造成に関わる適地選定と低コスト・低労力化に向けた技術開発

藻場造成に関わる適地選定と低コスト・低労力化に向けた技術開発

課題番号2014027221
研究機関名(独)水産総合研究センター,(独)水産総合研究センター,東京海洋大学,鹿児島県水産技術開発センター
研究期間2013-2017
年度2014
中課題藻場造成に関わる適地選定と低コスト・低労力化に向けた技術開発
摘要磯焼け海域の底質に残る海藻の利用法開発、浅海域に海藻の幼胚をより確実かつ簡便に供給する手法の開発、小型海藻による効率的かつ現実的な藻場回復技術の開発、流動や底質などの環境条件から対策技術の成果の得られやすい場所の適地選定手法の開発、さらに、藻場の自然拡大条件を明らかにすることにより、省力・省コスト型の藻場造成技術の開発を行った。
予算区分委託プロ・生産現場[養殖・漁業生産技術]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226029
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat