三次元GISによる地形地質情報に基づくカレイ類の好適な生息景観構造と生息地間結合度の評価技術の開発

三次元GISによる地形地質情報に基づくカレイ類の好適な生息景観構造と生息地間結合度の評価技術の開発

課題番号2014027226
研究機関名(独)水産総合研究センター,(独)水産総合研究センター
研究期間2013-2017
年度2014
中課題三次元GISによる地形地質情報に基づくカレイ類の好適な生息景観構造と生息地間結合度の評価技術の開発
摘要三次元GISによる解析アルゴリズムを作成し、生活史循環の経路の探索法、隣接する好適生息場所間での移動分散・利用頻度(生息地間結合度)を推定した。
予算区分委託プロ・生産現場[養殖・漁業生産技術]
業績(1)Isolation and characterisation of 23 microsatellite markers for marbled sole, Pleuronectes yokohamae
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226034
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat