ブランド化を促進する果実の生産・加工技術の実証研究

ブランド化を促進する果実の生産・加工技術の実証研究

課題番号2014027296
研究機関名岩手県農業研究センター,岩手県農業研究センター,(独)農業・食品産業技術総合研究機構,公立大学法人大阪府立大学,長岡香料株式会社,地方(独)岩手県工業技術センター
研究期間2013-2017
年度2014
中課題ブランド化を促進する果実の生産・加工技術の実証研究
摘要本研究では、リンゴ、ユズ、ブドウを対象として①リンゴの早期成園化技術と新品種の導入、鮮度保持技術導入による収益性の向上②北限のユズの低樹高化とポット養成による大苗生産技術、病害虫防除技術、ユズの搾汁率の向上や果皮を活用した新商品開発③ブドウの新品種導入、加工品開発、垣根仕立てによる省力栽培技術により、付加価値の高い果実の生産・加工技術を構築する実証研究を行う。
予算区分食料生産地域再生のための先端技術展開事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat