流通におけるICT活用の研究開発

流通におけるICT活用の研究開発

課題番号2014027311
研究機関名富士通株式会社,株式会社富士通アドバンストエンジニアリング,独立行政法人水産総合研究センター
研究期間2012-2014
年度2014
中課題流通におけるICT活用の研究開発
摘要ICチップを活用し、漁業関係者が登録した情報を、消費者がスマートフォンを使ってICチップを読み取ることで、簡便に漁業関係者が消費者へ直接情報を発信できるプラットフォームの技術的実証を行う。これにより、水産物の「おいしさ」や「安全性」と産地の情報が一体化することで岩手県産水産物のブランド価値復活と新たなブランドの創出が期待でき、水産業の高付加価値化による収益率向上に寄与する。
予算区分食料生産地域再生のための先端技術展開事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226112
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat