自然エネルギーを利用した漁村のスマート・コミュニティ化技術実用化・実証研究

自然エネルギーを利用した漁村のスマート・コミュニティ化技術実用化・実証研究

課題番号2014027312
研究機関名ミツイワ株式会社,ミツイワ株式会社,株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
研究期間2012-2017
年度2014
中課題自然エネルギーを利用した漁村のスマート・コミュニティ化技術実用化・実証研究
摘要岩手県釜石周辺を中心に、河川・農業用水等の低落差領域において複数地点を選定し、小水力発電機を設置し、非常時における分散型電源としての実用性と、平常時における利活用について技術実証を行う。
また、技術実証において発電した電力は、漁業施設等への電力供給を検討し、系統電力の使用量の低減を図るとともに、地域資源を利用した採算性のある再生可能エネルギーの利用モデルの確立を目指す。
予算区分食料生産地域再生のための先端技術展開事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226113
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat