生食用トマトの品種および栽培法の品質への影響評価

生食用トマトの品種および栽培法の品質への影響評価

課題番号2014027324
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2013-2017
年度2014
中課題生食用トマトの品種および栽培法の品質への影響評価
摘要良食味国内品種と高収量性オランダ品種および両国品種の中間的性質を持つトマトを植物工場つくば実証拠点において養液栽培し、収穫した果実を一斉分析・品質評価の試料としてプロジェクト全体に通年供給した。キャピラリー電気泳動法により主要呈味成分等(クエン酸、主要遊離アミノ酸、主要遊離糖)の定量分析とテクスチャアナライザによる物性測定により、日本品種とオランダ品種の果実品質の差異を明らかにした。
予算区分委託プロ・需要フロンティア[非破壊]
業績(1)日蘭トマト品種の果実成分と収量性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226124
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat