周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成

周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成

課題番号2014027392
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所
研究期間2010-2014
年度2014
中課題周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成
摘要「関東皮93号」は坪刈りの乾物重は目標値である約1500kg/10aであった。また標準品種の「シュンライ」「ファイバースノウ」と比較し早生であり、乾物重に勝る「ムサシボウ」に比べて大麦縞萎縮病発生のリスクが少なかった。現地実証試験のWCSの粗飼料分析や給与試験より飼料として問題がないことを確認した。
予算区分委託プロ・生産現場[低コスト]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226189
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat