周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成(暖地向け飼料用大麦品種の育成)

周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成(暖地向け飼料用大麦品種の育成)

課題番号2014027393
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
研究期間2010-2014
年度2014
中課題周年飼料生産を行うための飼料用大麦品種の育成(暖地向け飼料用大麦品種の育成)
摘要多収の選抜系統「西海皮67号」と「羽系B0630」については乾物収量が「ワセドリ2条」よりも高いが、同品種に替わる普及性が認められないため打ち切りとし、裸性で赤かび病に強い「羽系B0879」を選抜した。飼料専用長稈系統では、乾物収量が1200kg/10a前後で、TDN収量が「ワセドリ2条」比120%以上と高い2系統を選抜するとともに、無芒2系統、三叉芒6系統を選抜した。閉花性であっても無芒及び三叉芒系統では抵抗性が弱~中と判定され、圃場検定では黄熟期で1.1ppmを超えるかび毒が検出されたが、通常の栽培条件では、実用上問題はないと考えられた。芒形質の有無や形状によって嗜好性が異なり、無芒>三叉芒>通常芒の順で嗜好性が有意に優れることを明らかにした。
予算区分委託プロ・生産現場[低コスト]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226190
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat