飼料用米等の効率的な給与による乳用育成牛の哺育・育成管理技術の開発 d. 飼料用米の多給が哺育牛及び育成牛の第一胃内微生物叢に与える影響の解明

飼料用米等の効率的な給与による乳用育成牛の哺育・育成管理技術の開発 d. 飼料用米の多給が哺育牛及び育成牛の第一胃内微生物叢に与える影響の解明

課題番号2014027412
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,石川県畜産総合センター
研究期間2010-2014
年度2014
中課題飼料用米等の効率的な給与による乳用育成牛の哺育・育成管理技術の開発
d. 飼料用米の多給が哺育牛及び育成牛の第一胃内微生物叢に与える影響の解明
摘要 農家現場での飼料用米利用促進に向けて,長期給与した場合の影響の有無を確認するため,乳用雌子牛への蒸気圧ぺん籾米の長期給与実証を行った。生後4日齢から13週齢までの哺育期では,人工乳中のトウモロコシ全量と蒸気圧ぺん籾米を置き換え,14~21週齢までの育成期では,市販育成前期用配合飼料の42%と蒸気圧ぺん籾米を置き換えて給与した。その結果,食滞や下痢をすることなく増体し,発育は良好だった。以上より,乳用雌子牛へ蒸気圧ぺん籾米を長期給与しても問題なく飼養できることを明らかにした。(31001b,31001c,31001d,31001eとの協定試験)
予算区分委託プロ・生産現場[低コスト]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226208
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat