水利施設周辺地盤の劣化メカニズムの解明

水利施設周辺地盤の劣化メカニズムの解明

課題番号2014027512
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(独)農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2012-2014
年度2014
中課題水利施設周辺地盤の劣化メカニズムの解明
摘要土が繰返し載荷を受けると、土の強度は繰返し載荷を受ける前(初期強度)よりも小さくなり、その強度低下特性は土の物性と大きく関連することが明らかとなった。良く締固めた土(締固め度が高い土)は、①初期強度の増加、②強度低下の緩慢化、③強度低下率の減少、といった複数の効果を持っており、繰返し載荷に伴う強度低下を防止するには、締固めが有効であることが明らかとなった。また、静的三軸圧縮試験でひずみ軟化が顕著であった土ではひずみの増加に伴う強度低下が大きく、静的三軸圧縮試験でひずみ軟化が緩やかであった土では強度低下が緩やかであったことから、静的三軸圧縮試験におけるひずみ軟化挙動と繰返し載荷に伴う強度低下の相関性を明らかにした。
予算区分委託プロ・生産現場[低コスト]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat