農地土壌有機物分解・蓄積に伴う放射性セシウム動態の把握

農地土壌有機物分解・蓄積に伴う放射性セシウム動態の把握

課題番号2014027636
研究機関名(独)農業環境技術研究所,(独)農業環境技術研究所
研究期間2013-2014
年度2014
中課題農地土壌有機物分解・蓄積に伴う放射性セシウム動態の把握
摘要水田条件において、有機物の分解にともなう放射性セシウム抽出量変化を明らかにした。100日の湛水培養により、溶存態、1M酢酸アンモニウム抽出態放射性セシウムの割合は、減少する傾向にあった。黒ボク土に稲わらを混合して湛水条件で100日培養した場合、添加した放射性セシウムの60%程度が1M酢酸アンモニウムにより抽出可能であり、湛水条件では、土壌の放射性セシウム固定能が低い場合、放射性セシウムが抽出されやすい形態で残存しやすいことが明らかになった。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226421
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat