アンモニアが放射性セシウムの植物吸収に及ぼす影響解明

アンモニアが放射性セシウムの植物吸収に及ぼす影響解明

課題番号2014027638
研究機関名(独)農業環境技術研究所,(独)農業環境技術研究所
研究期間2013-2014
年度2014
中課題アンモニアが放射性セシウムの植物吸収に及ぼす影響解明
摘要圃場栽培条件下で、窒素追肥(開花初め期に硫安を条播)は土壌中の交換性カリ濃度が低いほど大豆子実の放射性セシウム濃度を大きく上昇させることを明らかにした。その原因として窒素追肥が土壌セシウムの可給化を促進し可給化したセシウムをダイズが吸収したことを、この現象は栽培年次が異なっても起きることを示した。また、交換性カリがスプリンクラー灌水などの栽培管理によって変動しダイズのセシウム吸収に影響する可能性を示した。
予算区分委託プロ[除染プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226423
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat