D 新規需要の獲得に向けた木質バイオマスの総合利用技術の開発

D 新規需要の獲得に向けた木質バイオマスの総合利用技術の開発

課題番号2015027925
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2015
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題ア.我が国周辺及び国際水産資源の持続可能な利用のための管理技術の開発
中課題D 新規需要の獲得に向けた木質バイオマスの総合利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要岩手県奥州市をモデル地区として小規模木質バイオマス発電施設に対する燃料供給と熱電併給事業の採算性について検討 した結果、集荷範囲を拡大することによって安定的な燃料供給が可能となり、小規模発電施設を分散配置することで地域での熱電併給事業が実現可能である、といった木材のエネルギー利用におけるビジネスモデルを提案した。当研究成果は、特に今後利用促進が期待されている熱エネルギーを熱電併給としてバイオマス発電事業の採算性評価に組み入れたことで、今後の小規模バイオマス発電の推進に大きく貢献する。また、バイオマス発電で生ずる焼却灰の肥料としての性能を評価した結果、カリウム系肥料としての有用性が確認でき、苗木培地への利用を提言できた。
トレファクション燃料製造技術、改質リグニン(機能性リグニン)の製造技術、オノエヤナギ由来フラボノイド化合物の抗酸化作用の確認と混練型WPCへの添加による耐久性向上技術のいずれも、実用化に向けたプラントの安定的な継続運転や新機能の開発等につなが った。さらに、セルロースナノファイバーについても、中山間地域での製造を考慮した効率的な製造法に関するベンチプラントでの実証試験が行われ、木質バイオマスからのマテリアルを社会実装につなげるための技術開発を大きく進展させることができた。
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226536
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat