F 気候変動に対応した水資源保全と山地災害防止技術の開発

F 気候変動に対応した水資源保全と山地災害防止技術の開発

課題番号2015027927
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2015
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題F 気候変動に対応した水資源保全と山地災害防止技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要これまでの成果を踏まえてモデルを構築して気候変動に伴う森林域の森林流域の水収支と流況、融雪流出特性の変動を明 らかにするとともに、森林からの良質な水の供給において流域の土壌を保全していく必要性をケイ酸濃度の形成過程の解明から明らかにした。伊豆大島の崩壊発生斜面の植生環境の評価、明治以降の降水量と災害の長期的な変動傾向について、当初想定した研究成果が得られた。
 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226538
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat