作業の高速化による高能率低投入水田輪作システムの確立

作業の高速化による高能率低投入水田輪作システムの確立

課題番号2015027763
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2015
研究問題①新世代水田輪作の基盤技術と低コスト生産システムの構築
大課題低コスト・高生産性水田輪作の基盤技術
中課題作業の高速化による高能率低投入水田輪作システムの確立
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(1) 地域の条件・資源を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
摘要グレンドリルやチゼルプラウ等を活用した高能率な大規模水田輪作システムに関しては、
東北において、
a) 寒冷地乾田直播向け耕起・播種床造成技術の体系化に関しては、播種前のスタブルカルチによる荒起こし、播種直前のケンブリッ ジローラ(クラッカーボード作用)による播種床造成の後にグレンドリル播種する体系について、宮城県名取市に合筆造成した2~3haの大区画圃場において3カ年の全刈収量で平均533kg/10aにより実証した。
b) 田畑輪換における高能率な輪作作業技術体系の策定に関しては、反転均平工法が合筆大区画直播圃場の地力ムラ補正対策として有 効であることを明らかにするとともに、ムギ用レーザー式生育センサー(CropSpec)が水稲移植、乾田直播圃場の生育診断に有効であることを認めた。
c) 乾直水稲・ムギ・ダイズ・ナタネ・ソバを組み込んだ輪作体系に関しては、耕起にスタブルカルチを用いるなど作業の高速化によ り迅速な作目の切り替えが可能となることを明らかにするとともに、全作目へのグレンドリルの汎用利用による播種法と、ダイズ等の狭畝密植栽培技術を確立した。
d) プラウ耕グレンドリル播種によるイネ・ムギ・ダイズ2年3作輪作体系を宮城県名取市の津波被災地域において実証したところ、平 成27年の気象条件下でダイズの収量が低くなり(163kg/10a)、試験期間中(平成25年~27年)の平均でみると、イネ・ムギ・ダイズ の品目合計の60kg当たり費用合計は東北平均に対し40%削減となることを明らかにした。
e) 水稲無コーティング種子の代かき同時播種栽培に関しては、3.1m幅の播種機を試作し、3箇所での現地実証試験と7箇所での希望農 業者による試験栽培を実施して、効率的な播種作業(最短0.15時間/10a)を実証するとともに、苗立ち改善の課題(7箇所のうち、4箇所で苗立ち不良)を明らかにした。平成29年度より専用の播種機が市販化される予定である。
北海道において、
a) 新たに開発した前年整地体系を実証生産者(経営面積:42ha、家族経営)に適応することにより、現行8.4haの水稲乾田直播を最大39.3%(3.3ha)増の11.7haまで拡大可能であることを示し、営農面でのメリットを明確にした。これらをまとめて北海道農業試験成 績会議に提案した他、妹背牛町の営農マニュアルにも本技術が盛り込まれる事項となった。
合理的な資材の投入による土壌管理技術及び雑草管理技術に関しては、
北海道・東北地域において、
a) 有機物施用の土壌特性、作物生産性への影響解明と有機物を活用した持続的土壌管理技術の提示については、40年以上続く長期連 用試験結果から、温暖化が進行する中での堆肥連用と地力の関係及び気温と収量、養分吸収、品質との関係を明らかにした。
b) 除草剤低減雑草防除技術の開発及び適用条件の提示については、乾田直播栽培では茎葉処理剤の適期散布を可能にするノビエの生 育予測式の改善すべき課題を明らかにした。一方、水稲湛水直播栽培については、深水管理を活用した除草剤処理1回体系を開発し、 タイヌビエ埋土種子量がm2当たり1,000粒以下の場合に適用可能であることを明らかにした。
このほか、
a) GoogleMap版BLASTAM(イネいもち病発生予察システム)を一部改良し、秋田県能代市の現地圃場で無人ヘリによるいもち病適期防 除の2年目の実証試験を行い、本技術の現場適用の際の課題を抽出した。
協力分担関係ヤマハ発動機(株)
株式会社クボタ
スガノ農機(株)
各道・県公設試
(株)フリーデン
ジェイカムアグリ株式 会社
一関市
北海道開発局
空知農業改良普及センター
秋田県立大
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226573
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat