第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善

第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善

課題番号2015027800
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2015
研究問題(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
大課題第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善
中課題第一胃内発酵制御因子の解明と栄養制御による産肉特性改善
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(3) 家畜の代謝特性に基づく飼養管理及び家畜の安定供給のための育種・繁殖技術の開発
摘要家畜の初期成長期の栄養制御については、_x000D_
a) 出生直後のブタの胸最長筋から調製したブタ筋芽細胞を用いて筋肉の分化に伴うCat-1及びCat-2の発現量について調べた結果、Cat-1は分化による発現量の変化はなかったが、Cat-2は分化に伴って発現量が高くなり、Cat-1とCat-2では分化に伴う発現量が異なるこ とが示された。_x000D_
b) 11日齢雄ブロイラーに飼料の形状の違うマッシュ飼料並びにクランブル飼料を3日間給与すると、マッシュ飼料に比べ、クランブル飼料で有意に増体量並びに飼料摂取量が増加し、その後の7日間にそれぞれの飼料を組み合わせて給与すると、後半の飼料としてクラ ンブル飼料を給与することで増体量、飼料効率、浅胸筋重量が増加することを明らかにした。_x000D_
ルーメン発酵の制限因子の解明については、_x000D_
a) 粗飼料多給と濃厚飼料多給時のルーメン内不揮発性成分を解析したところ、70~80%の成分は飼料区間で大差がないものの、濃厚 飼料多給で4倍以上高い成分が20%、粗飼料多給で2倍以上高い成分が5%存在し、その一部を同定した。_x000D_
b) セルロース分解活性を示す新規ルーメン細菌(7菌株)の全ゲノム解析結果、これらの菌株のゲノムサイズは2.4~3.4Mbpで、繊維 分解に関わる遺伝子の種類と数は多様であり、ルーメン内での繊維分解機能が異なることを明らかにした。また、一部の菌株にはクオラムセンシング(細胞密度依存的遺伝子発現制御系)に関連する遺伝子があり、飼料片上でのバイオフィルム形成に関与していると推定した。_x000D_
_x000D_
このほか、_x000D_
a) 肥育後期豚への飼料用玄米とカンショ加工残さの併給は、トウモロコシ主体飼料給与の豚と遜色のない飼養成績、かつ特色のある 豚肉を生産できることを明らかにし、玄米及びカンショ残さの給与はトウモロコシの代替となることを実証した。_x000D_
協力分担関係生物研
AgResearch
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226610
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat