ダイズの収量構成要素関連遺伝子の単離と機能性解明、育種的利用ならびにダイズ等のゲノム研究基盤の整備と利用

ダイズの収量構成要素関連遺伝子の単離と機能性解明、育種的利用ならびにダイズ等のゲノム研究基盤の整備と利用

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間止H25~27
年度2015
概要目的:着莢数に関与する草型形質(半無限伸育、長花梗)について有効性を明らかにする。、成果:長花梗形質に関わる2つのQTL候補領域を「トヨハルカ」に導入したNILsを供試し、導入効果を調査した。両QTLの導入により、主茎頂部の花梗が伸び、百粒重が低下した。また、栽植密度を上げることにより増収し、倒伏の発生も軽微であることを明らかにした。
研究分担研究部・豆類グループ
予算区分受託(独法)
業績(1)高密度条件下における長花梗QTLを有したダイズ品種「トヨハルカ」の準同質遺伝子系統の収量および収量関連形質
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226899
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat