雑豆の生産安定に向けた耐病性、障害耐性品種早期育成のための世代促進技術の効率化

雑豆の生産安定に向けた耐病性、障害耐性品種早期育成のための世代促進技術の効率化

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:冬季温室では補光条件の再設定と保温対策を検討し、増殖率の向上を目指す。また、春季暖地においてビニルハウスを用いた保温条件下で播種後の灌水や不織布の被服により生育環境を改善し、生育期間の短縮化とともに増殖率向上を目指す。、成果:冬季温室におけるビニル被覆による保温効果は一部で見られた。小豆F1世代養成および菜豆交配親の養成・交配を行った。春季暖地における世代促進では、ハウス内での散水および不織布被覆による保温による効果が見られた。F2およびF3世代集団の世代を進めた。
研究分担研究部・豆類グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030226913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat