地域力を高めるものづくり産業モデルの検討

地域力を高めるものづくり産業モデルの検討

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継26-28
年度2015
概要研究の目的:付加価値木製品を生産し、地元の福祉施設との連携によって、高齢者や障がい者の労働力に着目した人的地域資源を活用する検討を行う。合わせて木材加工時に発生する加工残材や地域で発生する農産副産物を再生可能なエネルギーとして有効利用する検討を行うことで、地域力を高める木材産業モデルの提案を目的とする。、期待される成果:バイオマス資源活用での地域づくりが加速している中国・四国地方や、北海道においては夕張市や下川町が地域づくりの先駆的なモデル地区に指定されて国家予算が投入されることも参考にして、特色のある地域産業モデルの検討を進めていく。
研究分担構造・環境グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227371
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat