道産きのこを活用した健康志向の新規食品開発

道産きのこを活用した健康志向の新規食品開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2015
概要北海道のきのこ産出額は112億2千万円(国内3位)で国内有数のきのこ産地であり、また数々の特徴ある品種が育成されている。きのこ類は低カロリーで食物繊維が豊富であり、生活習慣病予防等の様々な機能性が報告されており健康志向にマッチした食品として期待されている。しかし、道内きのこ産業においては低迷する夏場の需要開拓や通年発生する規格外品(生産量の10%程度)の有効活用が課題となっている。、 本研究では、これらの課題に対応してきのこの需要拡大を図るため、一般消費者向けや業務用等に広く手軽に利用できる調理用素材や調理品の開発を目指す。
研究分担食品工学部
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227446
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat