気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、1.特産野菜に発生する病害虫の高感度診断技術の開発と気象変動に適応した発生生態の解明、(2)病害虫の発生生態と防除技術、ア.ダイコンのキスジノミハムシの発生消長調査、、

気象変動や生物多様性に適応した特産野菜の安全・安心な病害虫管理技術の研究開発、1.特産野菜に発生する病害虫の高感度診断技術の開発と気象変動に適応した発生生態の解明、(2)病害虫の発生生態と防除技術、ア.ダイコンのキスジノミハムシの発生消長調査、、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2015
概要目的:ダイコンの重要害虫であるキスジノミハムシの発生状況及び季節的消長を把握し、防除対策上の基礎データを得る。、結果:キスジノミハムシ成虫の誘殺は、黄色粘着トラップでは前年より1半旬早い7月第6半旬が発生盛期で、誘殺数は前年より少なかった。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227535
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat