日本周辺水域資源評価のための海面資源に関する調査研究

日本周辺水域資源評価のための海面資源に関する調査研究

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H12~27
年度2015
概要27魚種の漁獲状況、11魚種の年齢組成、ハタハタ及びヒラメの稚魚分布密度等を調査し、(独)水産総合研究センターと共同で資源評価を行った。日本海におけるヒラメ稚魚分布密度調査の結果、稚魚の発生量は昭和55年以降の平均を上回ったものの、近年ではやや低い水準であることが分かった。
研究分担資源管理部、漁場環境部
予算区分受託、(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat