SNP情報を利用した牛ゲノム選抜手法の確立

SNP情報を利用した牛ゲノム選抜手法の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H27-29
年度2015
概要【目的】本県の肉用牛集団を対象にSNP情報を収集し、ゲノム育種価の推定を行うことにより、新規種雄牛のゲノム選抜手法を確立。、【予定成果】ゲノム育種価予測式を基に、直接検定牛のゲノム育種価を推定し、後代検定牛の選抜に利用。、
研究分担家畜育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227917
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat