広葉樹被害の実態把握と防除技術の開発

広葉樹被害の実態把握と防除技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-30
年度2015
概要【目的】、ナラ枯れ被害やカイガラムシ類による広葉樹被害に対応するため、ナラ枯れ被害の監視と防除技術及びカイガラムシ被害の防除技術等を検証する。、【計画】、・県内で発生しているナラ枯れ被害状況に応じた、殺虫・殺菌剤の樹幹注入による枯死防止、殺虫剤による穿孔防止、羽化成虫の捕殺試験等を実施する。、・県内で発生しているカイガラムシ被害について、カイガラムシの生態に応じた防除技術を開発する。
研究分担研究部
予算区分県単
業績(1)岩手県の三陸沿岸におけるカシノナガキクイムシの分布
(2)スギカミキリ被害の家系間差とさし木検定林との比較
(3)岩手県におけるナラ枯れ防除のためのカシノナガキクイムシ発生時期の予測
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227958
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat