サクラマス増殖に関する研究

サクラマス増殖に関する研究

県名岩手県
研究機関名岩手県内水面水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H24~H30
年度2015
概要目的:ヤマメからサクラマス放流への転換という業界ニーズに基づき、サクラマス種苗の生産技術を向上させとともに、モデル河川で試験放流し、分布、降海、回帰状況等を把握することにより資源造成方法の可能性を検討する。、成果:約17万尾の稚魚を生産、内7万尾を12月放流、10万尾は内部標識(耳石温度標識)を施し飼育中。、下安家漁協産約10万尾も放流試験用に飼育中。、豊沢川(花巻市)、安家川(岩泉町)をモデル河川とし、外部標識(油鰭切除)稚魚各4,000尾を5~6月に放流。河川での追跡調査を実施中。
予算区分国庫(農水省)、県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227988
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat