震災復興に向けた農産物直売経営の経営効率評価及び消費者行動に依拠した今後の展開方向

震災復興に向けた農産物直売経営の経営効率評価及び消費者行動に依拠した今後の展開方向

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H25~27
年度2015
概要目的:嫌消費傾向や直売所の競合等に加え、震災後の放射性物質による風評被害の影響から、直売経営体の販売力は著しく低下している。そこで、県内直売所の経営効率性を定量的に評価し、それぞれの直売所における特徴を分析することで、経営改善を図るための展開方向を解明する。また、風評を払拭している農業者や直売所等の優良事例を調査し、本県農産物に対する風評被害低減対策を検討する。、成果:農産物直売所等消費者に直接販売する経営体における経営効率の改善に役立てた。消費者の放射能に対する不安を低減させる施策上の課題、及び風評被害を軽減させるために農業者が発信すべき情報等について明らかにした。
研究分担情報経営部
予算区分県単
業績(1)宮城県内消費者における震災後の農産物直売所利用状況と購買スタイルの特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227992
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat