6次産業化等に向けたシーズ分析活用による農産物販売戦略策定支援手法の構築

6次産業化等に向けたシーズ分析活用による農産物販売戦略策定支援手法の構築

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~28
年度2015
概要目的:シーズ分析手法の農産物への適応性評価、販売戦略支援手法の確立、及び既存ニーズ調査結果等のデータベース化を図り、それらニーズ及びシーズ分析手法の活用により、農業経営体の6次産業化等に向けた販売戦略の策定を支援する。、期待される成果:農産物のシーズ分析手法の確立により、消費ニーズに基づく具体的な販売戦略の立案が可能となる。既存データの情報提供により、普及指導員等のマーケティング調査の効率が向上する。「マーケティング手引」の作成・配布により、現地での農産物マーケティング活動の浸透が図られる。
研究分担情報経営部
予算区分県単
業績(1)農産物直売所運営者の経営方針に関する考え方の特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030227994
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat